「NICEな日本語」 神戸サンペール、流暢な“初インタビュー”に賛辞「いつの間に?」

神戸のスペイン人MFセルジ・サンペール【写真:Getty Images】
神戸のスペイン人MFセルジ・サンペール【写真:Getty Images】

自身の公式インスタグラムに日本語での初インタビュー動画を投稿「僕の努力を…」

 ヴィッセル神戸は23日、J1リーグ第19節で横浜FCと対戦し5-0で大勝した。本拠地ノエビアスタジアム神戸で会心のゴールショーとなったなか、先発したスペイン人MFセルジ・サンペールはFW古橋亨梧のハットトリックを導く華麗なスルーパスなど正確なパスワークで勝利に貢献。そして試合後、自身の公式インスタグラムに「初めて日本語で記者会見を受けました!」と綴り1本の動画を投稿すると、ファンから「NICEな日本語」「素晴らしい」など称賛の声が上がっている。

 上位進出を狙う神戸は、前半26分にFWドウグラスのゴールで先制。同31分には元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタの絶妙な浮き球パスから古橋が決めて2-0、その3分後にも左サイドを完璧に崩して古橋が2点目のゴールを流し込んだ。

 そして後半17分にサンペールが魅せる。自陣中央で落としを受けたサンペールが前線での古橋の動き出しを見逃さずに約40メートルのロングスルーパスを供給。これを古橋が決めてハットトリックを達成した。その5分後にDF菊池流帆にも得点が生まれた神戸は、5-0と圧勝した。

 会心の勝利を収めたなか、サンペールは自身の公式インスタグラムを更新。スペイン語と日本語で「初めて日本語で記者会見を受けました! 僕の努力を認めてくれますか?」と綴り、インタビューを受けている映像を投稿した。

 インタビュアーから「今日の試合を振り返ってください」と問われたサンペールは、「今日の試合は良かったです。たくさんチャンスが作れました。チームは素晴らしい試合ができました」と滑らかな日本語で回答。続けて「今日のチームはどうでしたか」と質問されると、「最近チームは順調です。まあまあ良くできました。次の試合も勝ちたいです」と答えている。最後にファンへのメッセージを求められると、「次の試合も頑張ります。皆さん応援お願いします。ありがとうございました」と笑顔でサムズアップした。

 堂々とした日本語での受け答えに多くのファンが反応。「素晴らしい」「日本語で話してくれて嬉しい」「NICEな日本語です」「完璧」「セルジスマイル最高です」「凄い! いつの間に?」など、称賛と驚きの声が多く寄せられていた。2019年3月にバルセロナとの契約を解除し、神戸に加入したサンペール。来日から2年以上が経過したなかで、本人の“努力”によって日本語力が着実にアップしており、今後のさらなる活躍が期待される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング