浦和、ホーム湘南戦で痛恨逆転負け 助っ人FWユンカー2発も…ミスから自滅

浦和レッズはホームで湘南ベルマーレ敗れ公式戦連敗となった【写真:Getty Images】
浦和レッズはホームで湘南ベルマーレ敗れ公式戦連敗となった【写真:Getty Images】

2回にわたってリードを奪うも、ミスから失点を重ねて湘南に2-3の逆転負け

 浦和レッズが湘南ベルマーレをホームに迎え撃った20日のJ1第18節は、浦和がFWキャスパー・ユンカーの2ゴールで2回にわたってリードを奪うも、ミスから失点を重ねて湘南に2-3の逆転負けを喫した。

 浦和はGK鈴木彩艶とDF岩波拓也、DF槙野智章の後方中央を除く8人が今季の新加入選手というスタメン。MF大久保智明は、リーグ戦では初スタメンになった。

 立ち上がりにペースをつかんだのは浦和だった。前半9分、セットプレーの二次攻撃でフリーになったMF小泉佳穂が左サイドに展開すると、DF明本考浩が低いクロス。これを相手と競り合いながら槙野がつなぎ、ユンカーが押し込んで浦和が先制した。

 その後は湘南がボールを保持する時間を長くしたが、浦和の最終ラインを崩せない時間が続いた。しかし同27分、浦和はゴールキックからショートパスでつなごうとしたところ、MF金子大毅が痛恨のパスミス。ここから一気に攻め込まれ、MF山田直輝の同点ゴールになった。ともに古巣対決になった金子と山田の明暗が分かれたゴールになった。

 1-1のまま迎えた後半は、浦和が再び立ち上がりにペースをつかんだ。後半8分、カウンターの形から小泉のスルーパスに抜け出したユンカーが、距離を詰めたGK谷晃生の頭上を越えるループシュートでゴール。この2得点で、ユンカーは5月5日の公式戦デビューから浦和で通算10ゴールに伸ばした。

 その後、浦和は同19分にユンカーのシュートがゴールポストを直撃し、同20分には大久保とユンカーがゴール前で立て続けに決定機を得るも、谷の好セーブもあり決められず。すると、同25分に湘南は左からのクロスにFWウェリントンが飛び出してくるGK鈴木と入れ替わるようなヘディングシュートを流し込んで2-2の同点ゴールになった。

 浦和は残り15分でFW興梠慎三を入れて決勝ゴールを狙い、ボールも支配して攻撃を仕掛けたが、ミスから崩れた。同43分、鈴木が味方につなぐパスのコントロールを乱して相手ボールにしてしまい、その攻撃の流れからクロスのこぼれ球を、途中出場のMF岡本拓也が蹴り込んでゴール。山田に続いて古巣対決の岡本のゴールで3-2と逆転に成功した湘南が、浦和に勝利を収めた。

 浦和はこれが5月1日のアビスパ福岡戦(0-2)以来の公式戦敗戦。ミスから自滅した形で、痛い勝ち点を落とした。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング