「天才!!」「断然最高の選手」 メッシ、敵陣でウルグアイ翻弄の“鬼キープ”に称賛

ウルグアイ戦で輝きを見せたメッシ(右)【写真:AP】
ウルグアイ戦で輝きを見せたメッシ(右)【写真:AP】

ウルグアイ戦で決勝点をアシスト、得点シーン以外でも輝きを放つ

 アルゼンチン代表は現地時間18日、コパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でウルグアイ代表と対戦し、1-0で勝利した。エースのFWリオネル・メッシは決勝ゴールをアシストする活躍を見せたが、それ以外のシーンでも再三にわたって存在感を発揮。敵陣右サイドで見せた圧巻の“鬼キープ”が話題を呼んでいる。

 1993年大会以来の優勝を目指すアルゼンチンは、初戦のチリ戦でメッシが芸術的なFKを叩き込むものの1-1のドロー。迎えた第2戦、強豪ウルグアイとの試合でも絶対的エースが輝きを放つ。開始早々の前半13分、左CKを獲得したアルゼンチンはショートコーナーを選択。ボールを受けたメッシが縦に仕掛けて、対峙した相手を抜ききらずに左足で美しい弧を描いた鋭いクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだMFギド・ロドリゲスがヘディングで合わせてネットを揺らした。

 最終的にこの一撃が決勝点となったが、メッシはその後も再三にわたって切れ味鋭いプレーを披露したが、コパ・アメリカ公式ツイッターはそのうちのワンシーンに注目。1-0とリードした後半44分、敵陣右サイドでボールを受けたメッシは縦にボールを運びながら相手に体をぶつけられるも、タッチライン際で右回転しながらキープ。一度ピッチ上に転倒するもすぐに立ち上がり、再び縦に持ち出したところで相手のファウルを受けてFKを獲得した。

 勝利に向けて、時計の針を進めるべく執念を見せたメッシの映像に、多くのファンが反応。「史上最高のドリブラー」「断然最高の選手!!」「天才!!」「メッシのキープ力はヤバい」「リオネル・メッシのボールに対する磁力」などの賛辞が寄せられている。スペインの名門バルセロナで数々の栄光を手にしてきた一方、これまでA代表ではワールドカップとコパ・アメリカでともにあと一歩のところでタイトルを逃してきた。悲願の優勝に向けたメッシの執念が感じられるようなワンシーンとなった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド