岩渕真奈がエースナンバー「10番」を託された理由 高倉監督が感じた“内面の変化”

責任感をグラウンドで評価できるようになってきたと高倉監督が評価

 しかし、岩渕も海外クラブでのプレーを経験し、28歳という年齢にもなった。代表チームの中では経験値という点で、主将のDF熊谷紗希(バイエルン)と双璧という立場にもある。そして、高倉監督は岩渕の変化をこう感じ取っていたという。

「焦りや責任感、上手くいっていること、いっていないことを自分の中で上手く処理できるようになったのではないか。それをグラウンドで表現できるようになってきたのが、彼女の成長として感じていること。ここしばらくのパフォーマンスや合宿中の言動に自覚も感じた。今、10番を託しても大丈夫だと感じた。この東京五輪という大きな舞台で、チームの浮き沈みを背負って立つというくらいの気迫で躍動してくれるのを期待している」

 まさに、満を持してという表現がぴったりくるエースナンバーの継承、10番を託すタイミングになった。世界に向けてなでしこジャパンの顔となり、そして名実ともにチームを引っ張る。澤さんが日本の女子サッカーに残した足跡はあまりにも偉大ではあるが、その背中を見つめてきた岩渕の作り出す新たな10番に、大きな期待がかかる。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング