日本代表、スタメン発表 FWオナイウが初先発、2次予選“最終戦”でアピールなるか

キルギス戦のスタメンが発表された【写真:ⓒJFA】
キルギス戦のスタメンが発表された【写真:ⓒJFA】

W杯アジア2次予選"ラストマッチ"となるキルギス戦の先発11名を発表

 日本代表(FIFAランク28位)は15日、パナソニックスタジアム吹田で行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦(同99位)のスタメンを発表した。11日のセルビア戦(1-0)でA代表デビューを飾ったオナイウ阿道(横浜F・マリノス)が初先発、最終ラインには国内組4人が名を連ねている。

 すでに最終予選進出を決めている日本は、W杯アジア2次予選で7戦全勝中。”ラストマッチ”となるキルギス戦の先発メンバーには国内組7人を起用し、セルビア戦で出番がなかった中谷進之介(名古屋グランパス)は最終ラインでの出場が見込まれる。

 前線ではセルビア戦でA代表デビューを飾ったオナイウが初先発。ゴールはもちろん、攻撃の起点となる役割が求められるなかで、今後のメンバー入りへつながるアピールを果たせるかに注目が集まる。

 日本代表のスターティングメンバーは以下のとおり。

【スタメン】
GK
川島永嗣(ストラスブール)

DF
昌子 源(ガンバ大阪)
中谷進之介(名古屋グランパス)
山根視来(川崎フロンターレ)
小川諒也(FC東京)

MF
原口元気(ウニオン・ベルリン)
守田英正(サンタ・クララ)
坂元達裕(セレッソ大阪)
川辺駿(サンフレッチェ広島)

FW
オナイウ阿道(横浜F・マリノス)
浅野拓磨(無所属)

【サブ】
GK
権田修一(清水エスパルス)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン)

DF
長友佑都(マルセイユ)
室屋 成(ハノーファー)
植田直通(ニーム)
谷口彰悟(川崎フロンターレ)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)

MF
鎌田大地(フランクフルト)
伊東純也(ヘンク)
橋本拳人(ロストフ)
古橋亨梧(ヴィッセル神戸)

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング