札幌の熱き男、“ルーキーズ風”名言にクラブ公式がツッコミ 「何を言っているかは…」

コンサドーレ札幌でプレーするMF荒野拓馬【写真:Getty Images】
コンサドーレ札幌でプレーするMF荒野拓馬【写真:Getty Images】

荒野が練習中に「お前1人が痛いんじゃない。みんなが痛いんだ」と同僚を鼓舞

 北海道コンサドーレ札幌のMF荒野拓馬は、今年4月に左腓骨骨折および左足首靱帯損傷の大怪我から復活を果たした。リーグ戦でも徐々にギアを上げているなか、クラブ公式ツイッターが練習中の熱いワンシーンを取り上げ、「ちょっと何を言っているかはわかりません笑」と笑いを誘っている。

 アカデミーから札幌一筋の荒野は、昨年11月のJ1リーグ第28節清水エスパルス戦(5-1)で左腓骨骨折および左足首靱帯損傷の大怪我を負った。今年4月16日のJ1リーグ第10節横浜F・マリノス戦(1-3)で約5カ月ぶりに復帰。リーグ戦では7試合連続での途中出場を経て、5月29日の第17節柏レイソル戦(2-1)でスタメンにも名を連ねた。

 19日に第18節大分トリニータ戦を控えるなか、札幌公式ツイッターは「練習中に声を出してチームメイトを鼓舞する荒野拓馬選手」と一本の動画を公開。「お前1人が痛いんじゃない。みんなが痛いんだ」と熱弁しているが、シチュエーションが不明で「#ちょっと何を言っているかはわかりません笑」とハッシュタグが添えられている。

「#決して荒野選手に撮影をお願いされた訳ではありません」
「#決して荒野選手にSNSに載せてと言われたから載せた訳ではありません」

 熱い荒野の様子に、ファンからも「ルーキーズやん」「頼もしい」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング