日韓戦“完敗”への批判は「当然のこと」 G大阪DFが語る韓国代表として戦う責任

日韓戦後、悔しさを露わにする韓国代表DFキム・ヨングォン【写真:Getty Images】
日韓戦後、悔しさを露わにする韓国代表DFキム・ヨングォン【写真:Getty Images】

G大阪DFキム・ヨングォン、出場した3月の日韓戦を振り返る

 ガンバ大阪DFキム・ヨングォンは、10代の頃から年代別代表に名を連ね、2012年ロンドン五輪では銅メダル獲得に大きく貢献。A代表にも10年から招集されており、14年と18年ワールドカップ(W杯)など数々のビッグゲームを経験してきた。

 近年の韓国サッカー界を代表するDFの1人であり、キャプテンマークも託されるリーダーシップの持ち主だが、自身が出場した3月25日の日本代表戦(0-3)の結果についてはどのように感じているのだろうか。約2カ月が経過した今、オンライン取材で本人に訊いた。(取材・文=金 明昱)

   ◇   ◇   ◇

 韓国代表DFキム・ヨングォンは、2019年からガンバ大阪に加入し今年で3シーズン目を迎える。今年は怪我の影響で出遅れたが、5月中旬からようやくチーム練習に合流。5月27日に行われたJ1リーグ第16節の徳島ヴォルティス戦(2-1)にスタメンで今季初出場を果たし、8試合ぶりの勝利に貢献した。

 今季のG大阪は、2月27日の開幕戦後に選手、スタッフから新型コロナウイルスの感染者が出たため、活動が完全にストップ。1カ月以上にわたって公式戦が中止となるなかで迎えたのが、3月25日に日産スタジアムで行われた日韓戦だった。

「実は日本代表戦で怪我をしてしまい、そこからさらに治療とリハビリを続ける日々が続いていました」

 大事なリーグ戦再開を前にしての不測の事態。さらにアウェーだったとはいえ、ライバルの日本を相手に試合内容もスコアでも0-3の完敗を喫した。

 南野拓実(サウサンプトン)、遠藤航(シュツットガルト)、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)ら欧州組を揃えた日本に対し、韓国は主力のソン・フンミン(トッテナム)、ファン・ヒチャン(RBライプツィヒ)、ファン・ウィジョ(ボルドー)らが来日できず、Kリーグの選手たちが中心のため「2軍」とも呼ばれていた。

 ただ、その時点で国の代表に選ばれた選手には、1軍も2軍も関係ないだろう。キム・ヨングォンは代表キャプテンとして闘志を前面に出し、ピッチで何度も声を荒げていた。日本戦の前に韓国メディアから受けたインタビューでは、「韓国代表の特性は闘志。自分たちがピッチの上で日本よりも強い闘志を持てば、必ず勝てると思います」と語っていたほどだ。

page1 page2 page3

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング