Jリーグでも活躍…元韓国代表MFユ・サンチョル氏、膵臓癌で死去 享年49歳

元韓国代表MFユ・サンチョル氏【写真:高橋 学】
元韓国代表MFユ・サンチョル氏【写真:高橋 学】

横浜FMと柏でプレー、2019年11月にステージ4の膵臓癌を公表し闘病生活を続けるも帰らぬ人に

 かつてJリーグの横浜F・マリノスや柏レイソルなどでプレーした元韓国代表MFユ・サンチョル氏が7日、膵臓癌のために亡くなったと韓国紙「中央日報」や「スポーツ東亜」などが一斉に報じ、大韓サッカー協会も訃報を伝えた。49歳だった。

 ユ・サンチョル氏は現役時代、GK以外のどのポジションでもこなせるユーティリティープレーヤーとして知られ、韓国代表としても長年活躍。2002年日韓ワールドカップ(W杯)ではベスト4進出に貢献した。

 また、J1リーグでも通算113試合44得点を記録。特に横浜FMには1999年から2000年と、03年から04年の2度在籍し、リーグ優勝も経験している。現役引退後は指導者の道に進み、19年5月に仁川ユナイテッドFCの監督に就任するも、同年11月にステージ4の膵臓癌であることを公表し退任した。

 20年2月には、韓国で行われたAFCチャンピオンズリーグの試合で、横浜FMサポーターが「頑張れ! ユ・サンチョル」と記した垂れ幕を掲げ、それに反応する形で後日、本人が来日してサポーターに挨拶する場面もあった。

 その後も闘病生活を続けるなか、先日には韓国プロサッカー選手協会がユ・サンチョル氏のがん克服を願って募金活動を行うことを発表。誰もが癌克服を願っていたが、7日に帰らぬ人となった。現役時代に闘志みなぎるプレーで、韓国だけでなくJリーグのファンをも魅了したユ・サンチョル氏だったが、あまりにも早すぎる別れとなった。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング