「チームにも良い刺激になる」 森保監督、代表経験の浅い選手の活躍を称賛

日本代表の森保監督【写真:高橋 学】
日本代表の森保監督【写真:高橋 学】

タジキスタンに4-1快勝、橋本&川辺は代表初ゴール「我々が成長するうえで素晴らしい活躍をしてくれた」

 日本代表は7日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選でタジキスタンと対戦した。すでに最終予選進出を決めている日本は、予選7試合目にして初の失点を喫したものの4-1で勝利し、2次予選7連勝を飾った。試合後、森保一監督は「チームにも良い刺激になります」と代表経験の浅い選手たちの活躍を称えた。

 エースのFW大迫勇也を負傷で欠く日本は、FW浅野拓磨の1トップで試合に臨んだ。前半6分にはDF山根視来のスルーパスから、その浅野が抜け出してシュート。これはGKに阻まれたが、こぼれ球をMF古橋亨梧が押し込み先制する。

 幸先良く先制した日本だったが、この2分後に右サイドからのクロスを相手MFエフソン・パンシャンベにヘディングで決められ、アジア2次予選初失点を喫して同点に追いつかれた。その後は守備を固めるタジキスタンを攻めあぐねたが、それでも前半40分にMF南野拓実のW杯予選7試合連続ゴールで勝ち越した。

 後半にもMF橋本挙人が代表初ゴールを記録すると、MF川辺駿も相手のパスワークが乱れたところを逃さずに代表初ゴールを決めた。その後もタジキスタンを押し込む時間の長かった日本は、4-1で勝利して2次予選を無傷の7連勝とした。

 初失点を喫したものの、勝ち切った試合を振り返り、森保監督は「難しい試合になるとは思っていたので、そういった意味では先制点を奪って追加点を重ねていきたいところでしたけれど、失点をした後も下を向くことなく、我々がやることを選手たちがやり続けてくれて、また追加点を奪えたことは良かったと思います」と総括した。

 すでに2次予選を突破した日本は、代表経験の少ない選手を多く起用できた。そのなかで先制点を挙げ、南野のゴールをアシストした古橋、初ゴールの橋本と川辺らが活躍。指揮官は「経験の浅い選手たちがこうやって結果を出してくれるということは、その選手たちの経験値が上がって成長にもつながると思いますし、チームにも良い刺激になります。我々が成長するうえで素晴らしい活躍をしてくれたと思います」と歓迎した。

 A代表は、6月にはセルビア戦、キルギス戦の2試合を戦ったのち、最終予選に臨む。森保監督は「もう2試合、個の力を上げる、チーム力を上げる。我々が高い目標を目指してやっていることを、この2試合でしっかり見せたいと思います」と、気を引き締めた。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング