「今までで一番くらい悔しかった」 旗手怜央、闘争心と向上心を掻き立てた出来事とは?

U-24日本代表のMF旗手怜央(川崎フロンターレ)【写真:浦 正弘】
U-24日本代表のMF旗手怜央(川崎フロンターレ)【写真:浦 正弘】

A代表のプレー強度を肌で感じ、さらなる成長に意欲

 U-24日本代表のMF旗手怜央(川崎フロンターレ)は、3日に行われたA代表とのチャリティーマッチ(0-3)では左サイドバック、5日の国際親善試合・U-24ガーナ戦(6-0)ではトップ下と、複数のポジションに対応できるユーティリティー性を示している。ただ、「攻撃の質」に関しては“自分らしさ”を忘れたくないと決意を語っている。

 今季、所属クラブの川崎で左サイドバックを主戦場としつつ、代表合流前はインサイドハーフでも起用されていた旗手。3日のA代表戦ではMF南野拓実(サウサンプトン)やDF室屋成(ハノーファー)らと対峙したが、東京五輪世代とA代表にプレー強度の差を感じたという。

「自分が想定していた以上の強度、プレーを感じた。Jリーグではなかなか経験できないプレー強度だった。誰が、ではなく、全員の強度が高い。対面した南野選手、原口選手のファーストディフェンスの勢い、間合いを詰めてくるスピードや距離、攻撃でも連続して動いてくるところは、なかなか感じられないレベルだった」

 A代表に事実上の完敗を喫し、「今までで一番くらい悔しかった」という。旗手はそれをモチベーションに、東京五輪のメンバー18人入りへアピールを続ける。

「あれ以上をアベレージにしないといけない。A代表を経験している選手とやっていて楽しいし、盗めることがたくさんある。A代表との試合はサイドバック、ガーナ戦はトップ下だったけど、どこでも自分らしい、『あれは旗手怜央だ』と思えるようなプレーをしたい。サイドバックで出たとしても、攻撃の質は上げないといけない。五輪の争いをかけてやっているので、(メンバーに)残りたいとみんながギラギラやっている」

 旗手は12日のジャマイカ戦(豊田スタジアム)で最後のアピールに臨む。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド