U-24代表、完敗の中で見えた遠藤航の“OA効果” 橋岡も実感「しっかり潰してくれる」

U-24日本代表DF橋岡大樹とMF遠藤航【写真:Getty Images】
U-24日本代表DF橋岡大樹とMF遠藤航【写真:Getty Images】

A代表との“兄弟対決”に0-3で完敗も、遠藤航の投入後にリズムを掴む

 U-24日本代表は3日、札幌ドームで急遽開催された日本代表とのチャリティーマッチに臨み0-3で完敗した。東京五輪に向けて課題を残す結果になったものの、後半途中からオーバーエイジ(OA)のMF遠藤航(シュツットガルト)が投入されてからは流れを引き寄せ、何度もチャンスを作った。センターバック(CB)としてフル出場したDF橋岡大樹(シント=トロイデン)は、「相手の攻撃の芽をしっかり潰してくれる」と、OAの遠藤航がチームに入って生まれた“効果”について語っている。

 当初はA代表がジャマイカ代表と国際親善試合を行う予定だったが、来日に際してのトラブルにより試合がキャンセルとなり、急遽U-24代表との“兄弟対決”が実現した。東京五輪を目指すチームには、今回の活動からOAとしてDF吉田麻也(サンプドリア)、DF酒井宏樹(マルセイユ→未定)、遠藤航が合流しているが、5日にU-24ガーナ代表との国際親善試合を控えることもあってか、全員がベンチスタートになった。

 試合は開始2分、A代表にセットプレーからMF橋本拳人(ロストフ)に電光石火の先制点を叩き込まれてしまう。さらに同41分にはMF鎌田大地(フランクフルト)に2点目、そして後半7分にも途中出場のFW浅野拓磨(無所属)に奪われて0-3で完敗した。

 CBとして対峙したA代表の攻撃について、橋岡は「やっぱり決定力の高さ、そういうところは凄いなと思いました。僕たちはゼロで終わってしまったということで、後ろがまずしっかり土台を作る部分でゼロで抑えることができず、それプラス得点できなかったことは課題かなと思います」と悔しさを滲ませながら振り返った。

 球際の争いについては「負けていなかった」とした橋岡だが、「でも、もっともっと突き詰めていかないといけない部分もありました」と語り、後半33分からボランチとしてピッチに立った遠藤航の存在感について振り返っている。

「遠藤選手がデュエルの部分で、やっぱり相手のボランチの起点になりそうなところを潰してくれて、相手の攻撃の芽をしっかり潰してくれるので、そこで自分たちの攻撃の時間が増えたのではないかと思います。(ボールを)取った後も、しっかりつないでくれるので、ああいうところが遠藤選手の良さで、ものすごくやりやすかったです」

 浦和レッズで共闘し、この日は縦関係を築いた2人。橋岡にとって遠藤航の存在感の大きさ、世界トップレベルで戦うボランチの球際の厳しさをピッチ上で感じ取れたのは、東京五輪の“最終選考”を戦ううえでも大きな刺激になったはずだ。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング