ジャマイカ代表、アムステルダム経由組が搭乗できず 田嶋会長「PCR検査の結果に不備があった」

3日に開催予定のジャマイカ戦が延期に【画像:Football ZONE web】
3日に開催予定のジャマイカ戦が延期に【画像:Football ZONE web】

ジャマイカ代表、アメリカ経由組はすでに5月31日に来日

 日本サッカー協会(JFA)は6月1日、3日に開催予定だったキリンチャレンジカップの日本代表対ジャマイカ戦(札幌ドーム)が中止になったことに伴い、「日本代表対U-24日本代表」を代替開催することを発表した。田嶋幸三会長はオンライン会見で、ジャマイカの“アムステルダム経由組”がPCR検査の結果に不備があり、予定フライトに搭乗できなかったことを明かした。

 キリンチャレンジカップのジャマイカ戦開催にあたり、JFAの管理下で厳格な新型コロナウイルスに対する防疫措置を施し準備を進めてきたが、JFAによれば、「ジャマイカ代表チームにおいて、一部の選手(10人)の出発前検査の方法等を理由として、当該10選手が予定されていたフライトに搭乗できず、義務付けられた試合3日前となる5月31日に日本に到着することができなかった」ため、開催中止の決断に至ったという。

 今大会に参加を予定していた20選手のうち、当該選手を除く10人とチーム役員は定められた手続きを経て日本に入国したが、10選手では国際試合を成立させることができないため、主催者としてキリンチャレンジカップの中止を決定したとしている。

 1日にオンライン会見に臨んだ田嶋会長は、ジャマイカ代表チームの状況を明かした。

「ジャマイカチームは二手に分かれ、アメリカからとヨーロッパでプレーする選手の10人ずつに分かれてくる予定でした。アメリカからはチームスタッフを含め、昨日に到着していた。5月30日のフライトで(アムステルダムから)来る予定だった選手が、PCR検査の結果に不備があるとして、搭乗カウンターで乗れませんでした。あらゆる手段を考えて昨日まで努力したが、最終的には間に合わないということ。JFAとしては政府の水際対策を順守すると、選手が揃わないことになった。このキリンチャレンジカップを行うのにふさわしくないと判断した」

 また、3日にはジャマイカ戦の代わりに、U-24日本代表とのチャリティーマッチを行うことも決定。田嶋会長によれば、監督、コーチ、選手たちから五輪チームとA代表の試合をしようじゃないかと提案があったという。

「JFAは公正に、フェアにやることをモットーとしています。このような状況でジャマイカと試合をすることを断念し、A代表とU-24代表の試合をすることを決定しました。同じ札幌ドームで、TBSさんの理解もあり、放送することが決まった。私たちは、『KASSAI』というシステムを使い、チャリティーマッチにしたい。収益は医療従事者に寄付をする。こういう事態になった時、JFAが一丸になり、監督、コーチ、選手たちが協力して試合が行われることに感謝したい」

 田嶋会長は「二度とこのようなことが起こらないようにしたい」と続けている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング