浦和、膠着状態を破れず名古屋と0-0ドロー 4戦連発の新助っ人FWユンカーも不発

浦和は膠着状態を破れず名古屋と0-0ドロー【写真:Getty Images】
浦和は膠着状態を破れず名古屋と0-0ドロー【写真:Getty Images】

両者ともにビッグチャンスを作り切れずに痛み分け

 浦和レッズは30日のJ1リーグ第17節で2位名古屋グランパスをホームに迎え、両チームともに膠着状態を破れず0-0の引き分けに終わった。

 試合前に激しい雨も降った一戦だったが、浦和はDF山中亮輔とMF武田英寿をスタメン起用し、4-1-4-1のシステムでこの試合に臨んだ。しかし、立ち上がりこそボールをつないで攻め上がる場面があったものの、試合は次第に名古屋ペースになっていった。

 前半18分に名古屋はFW山﨑凌吾が浦和DF岩波拓也に競り勝ってボールを前に運ぶと、そのままシュート。GK鈴木彩艶が弾いたボールをDF槙野智章がクリアするものの飛距離が出ず、そのままFW相馬勇紀が押し込みにいったが枠を外れた。同27分には山﨑が、コーナーキックからフリーでヘディングシュートを放つも枠外に飛び、前半は名古屋がゴールを奪いきれなかった形の45分になった。

 スコアレスで折り返した後半から、浦和のリカルド・ロドリゲス監督は武田に代えてMF伊藤敦樹を投入。MF小泉佳穂をビルドアップのフォローに回すのではなく、高い位置でプレーさせるようになった。前半よりも浦和が改善したことで拮抗し、膠着した試合展開になった。

 どちらもビッグチャンスを作り切れずに進んだ試合は、同40分に途中出場の名古屋FW齋藤学がコースを狙ったシュートを放つもポストに当たり、ゴールとはならず。デビューからJ1リーグ戦4試合連続ゴール中だった浦和の新助っ人FWキャスパー・ユンカーも不発に終わり、両チームが勝ち点1を分け合った。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング