「最高のデザイン」 鹿島の”ブラジル代表風”30周年ユニフォームが反響「これは良い」

鹿島アントラーズの記念ユニフォームのデザインに注目【写真:©KASHIMA ANTLERS】
鹿島アントラーズの記念ユニフォームのデザインに注目【写真:©KASHIMA ANTLERS】

3rdユニデザインを発表、"王国"ブラジル代表のクラシックなカラーリングを採用

 J1鹿島アントラーズは29日、2021シーズンの3rd(サード)ユニフォームデザインを発表した。クラブ創設30周年を記念し、サッカー”王国”ブラジル代表のカナリア色が採用された1着に、ファンからは「最高のデザイン」「絶対買う」といった絶賛の声が続々と寄せられている。

 クラブ創設30周年を迎えた鹿島は、その記念として”特別仕様”となるサードユニフォームのデザインを発表。クラブ創設期から現在に至るまで偉大なリーダーシップを発揮し続けるジーコ氏(現テクニカルディレクター)をはじめ、クラブ史に名を刻む歴代ブラジル人選手からインスピレーションを得て、”王国”ブラジル代表のクラシックなカラーリングを採用したという。

 サードユニフォームにはエンブレム部分を除くと、クラブカラーであるディープレッド(深紅)は一切使用されず、ユニフォームの全面がカナリア色に。襟と袖には緑色のラインが入り、パンツは空色と、まさに1980年代のブラジル代表が身に纏っていたユニフォームを彷彿とさせ、30周年のアニバーサリーイヤーに相応しい1着だ。

 このデザインはクラブの公式ツイッター上でも発表されており、ファンからは「最高のデザイン」「めちゃくちゃカッコいい!」「これは良い」「絶対買う」「素敵すぎる!」「サポじゃないけど欲しいレベル」といった賛辞が続々。上下を合わせたカラーリングが高校選手権優勝6回を誇る名門・帝京高校を彷彿とさせることから「帝京魂!!」「セレソンより帝京だな」との声も上がった。

 30周年記念のサードユニフォームは、6月20日のJ1リーグ第18節ベガルタ仙台戦への来場者限定で先行販売され、オフィシャルオンラインストアでもファンクラブメンバー先行販売(6月6日10:00~6月13日9:59 ※SÓCIO、シーズンチケット、フリークス、ジュニアメンバー/一般:6月13日10:00~予定)を実施予定。実際に選手が着用するのは、6月23日のJ1リーグ第19節大分トリニータ戦を予定しているという。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング