「やっぱり天才は違う」 G大阪FW宇佐美、エースの意地炸裂の芸術的ボレー弾に反響

G大阪FW宇佐美貴史【写真:Getty Images】
G大阪FW宇佐美貴史【写真:Getty Images】

徳島戦で勝ち越しゴールを奪い、今季2点目をマーク

 ガンバ大阪は27日、本拠地でのJ1リーグ第16節徳島ヴォルティス戦を2-1で制し、今季2勝目を挙げた。勝負を決める一撃を放った元日本代表FW宇佐美貴史のゴールシーンが注目を集めている。

 宮本恒靖監督が解任となり、松波正信監督となるなど、混迷の続くG大阪。本拠地での徳島戦は、前半27分にFWパトリックのゴールで先制するも、徳島に後半に追いつかれ、同点のまま試合は進む。

 迎えた後半27分だった。G大阪はMF奥野耕平がペナルティーエリア手前からふわりとした浮き球を供給。パトリックが競り合うが、これは相手GKにパンチングでクリアされてしまう。これに素早く反応した宇佐美が右足で芸術的なシュートを放ち、豪快にネットを揺らして勝ち越しに成功した。

 そのまま逃げ切ったG大阪は、これが今季リーグ戦2勝目。ここまで全試合に出場している宇佐美もようやく2ゴール目を挙げ、ファンからは「宇佐美らしい!」「美しい、気持ち乗ったいいゴール!」「宇佐美のスーペルゴラッソはえぐい」「『ホンマ?』笑」「やっぱり天才は違う」と期待の声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング