新潟アルベルト監督と日本の“幸福な関係” 異国の地で触れた「仲間意識」の魅力

新潟で指揮を執るスペイン人のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督【写真:©ALBIRX NIIGATA】
新潟で指揮を執るスペイン人のアルベルト・プッチ・オルトネダ監督【写真:©ALBIRX NIIGATA】

【インタビュー最終回】スペイン人のアルベルト監督が感じる日本の魅力は?

 アルビレックス新潟を率いるアルベルト・プッチ・オルトネダ監督は、チームをJ2リーグ首位争いに導く戦略家としての手腕はもちろん、一体感を生み出す希代のモチベーターとしても知られる。スペイン人指揮官は日本のどこに惹かれ、“愛”を育んできたのか。インタビュー最終回では、日本の魅力について訊いた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 世界的名門バルセロナのスカウト、アカデミーコーチ、ダイレクターを務めた経歴を持ち、日本代表MF久保建英(ヘタフェ)やスペイン代表FWアンス・ファティ(バルセロナ)を発掘して下部組織に入れたアルベルト監督。母国スペインで確かな実績を積み、その後ガボン、アメリカ、アンゴラと渡り歩き、2020年から日本の地で自身初となるトップチームを指揮している。

 キャプテンのDF堀米悠斗、ムードメーカーのDF千葉和彦、“新潟のメッシ”ことMF本間至恩らを中心とした、チーム一丸の戦いぶりが特徴の一つだが、そうした一体感の土台となっているのが、アルベルト監督の“日本愛”と言ってもいい。

 例えば今年3月、アルベルト監督は「私を温かく受け入れてくれたこの国の偉大な歴史や、私が尊敬する日本国民の強靭な精神をより深く理解するため」に、戦国時代の日本を舞台としたドキュメンタリー「エイジ・オブ・サムライ:天下統一への戦い」を見て、日本により深くアプローチしていることを自身の公式ツイッターで明かしていた。また、新潟県を活動拠点とする日本の3人組女性アイドルグループ「Negicco」のKaedeさんとの心温まるやり取りも、新潟をはじめとする日本への思いがあってこそだろう。

 アルベルト監督も、「様々な国に行った経験がありますが、どの国においても、気に入った部分、そうでない部分があります。私の母国スペインを含めて、完璧な国というのは存在しないと思います」と前置きしたうえで、日本の魅力についてこのように語る。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング