「規格外の肩」 浦和18歳GK、驚愕“40m超スローイング”に反響「パントキック並」

浦和レッズでプレーするGK鈴木彩艶【写真:Getty Images】
浦和レッズでプレーするGK鈴木彩艶【写真:Getty Images】

デビューから3戦連続無失点のGK鈴木彩艶、神戸戦で“規格外”のスローイング

 浦和レッズのU-24日本代表GK鈴木彩艶は、22日に行われたJ1リーグ第15節ヴィッセル神戸戦で2-0の無失点勝利に貢献した。J1デビューから3戦連続無失点となったなか、前半に見せた40メートル超のスローイングが「規格外の肩の力」と話題を呼んでいる。

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが今季初先発を飾った神戸との一戦で、ホームの浦和は序盤から劣勢を強いられるものの0-0で前半を切り抜ける。そして後半2分にMF田中達也のゴールで先制すると、同40分にはFWキャスパー・ユンカーが追加点を決めて2-0と勝利した。

 これでJ1デビューから3試合連続無失点となった鈴木は、元日本代表GK川口能活氏が1995年に記録したJリーグデビューからの連続無失点記録に並んだ。仮に26日の第16節サンフレッチェ広島戦に先発して無失点で終えれば、新記録達成となる。

 そんな飛躍を遂げる18歳守護神は、この試合でセービング以外でも魅せていた。前半40分、神戸MF山口蛍が左サイドから右足でゴール前にアーリークロスを入れるが、飛び込んだMF佐々木大樹にはわずかに合わず、浦和GK鈴木が直接キャッチする。すぐに前方をルックアップすると、左サイドを駆け上がったMF汰木康也の動きを見逃さず、約10メートル前に進みながら渾身のスローイング。高く上がったボールはグングンと距離を伸ばし、スタジアムがどよめくなかでハーフウェーライン付近に落下。神戸DF菊池流帆にカットされたものの、抜けていればビッグチャンスというシーンだった。

 このシーンの映像をJリーグ公式ツイッターが、「『手で投げた!!』『飛びすぎ!!』 スタジアムもどよめきます #浦和レッズの #鈴木彩艶選手がキャッチしたボールをスローで展開 リーグ戦3試合目の18歳が規格外の肩の力を魅せつけます」と綴って投稿すると、ファンも反応。「パントキック並の飛距離」「凄すぎる」「すげえ肩だな」など感嘆の声が上がっていた。

 期待の大型ルーキーは、試合を重ねるごとに規格外の才能を披露している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング