元Jリーグ助っ人FW、”細身シルエット姿”のオシャレな”私服ショット”お披露目

アル・ドゥハイルでプレーするケニア代表FWマイケル・オルンガ【写真:Getty Images】
アル・ドゥハイルでプレーするケニア代表FWマイケル・オルンガ【写真:Getty Images】

Tシャツと細身のジーンズを合わせた"スタイル抜群の容姿"公開

 カタールのアル・ドゥハイルでプレーするケニア代表FWマイケル・オルンガが自身のSNSを更新し、雄大な自然をバックに、抜群のスタイルが際立つ私服コーディネートを披露している。

 オルンガは昨季、J1柏レイソルで28得点をマークし、リーグMVPと得点王を受賞。Jリーグで強烈なインパクトを残し、今季からカタールへと活躍の場を移した。

 驚異的な得点力は新天地でも健在で、先月に開幕したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではここまで6試合9ゴールをマークし、得点ランキングの首位に君臨。大会での活躍ぶりはAFC公式サイトでも称賛されるなど、熱視線が注がれている。

 一方、ピッチ外では190センチ超えのスタイル抜群の容姿が映える”私服ショット”をSNS上で度々披露。見事な着こなしセンスに、Jリーグ時代には「スーパーお洒落」「Jリーグのファッションリーダー」との声がファンから寄せられたこともあった。

 そんなオルンガが、自身のSNSで最新の私服コーディネートを披露。雄大な山岳地をバックに映った1枚では、黒サングラスを身に着け、黒、白、黄の3カラーが配色されたTシャツをスキニージーンズと合わせ、細身のシルエットが際立つオシャレな出で立ちを改めてお披露目していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング