「日本で美しいゴール」 J2千葉の新助っ人FW、40m超“爆走ドリブル弾”を母国称賛

今季加入したブラジル人FWサウダーニャ【写真:Getty Images】
今季加入したブラジル人FWサウダーニャ【写真:Getty Images】

千葉の新外国籍FWサウダーニャ、長崎戦での2戦連続ゴールにブラジルメディア注目

 ジェフユナイテッド千葉は15日、J2リーグ第14節でV・ファーレン長崎とアウェーで対戦し、2-2で引き分けた。この試合で今季加入したブラジル人FWサウダーニャが2試合連続ゴールを決めたが、40メートル超のドリブルから生まれた一撃に母国メディアも反応している。

 2009年以来となるJ1復帰を目指す千葉は、今年1月に21歳のブラジル人FWサウダーニャをバイーアから期限付き移籍で獲得。だが新型コロナウイルスの影響を受けて、来日は4月5日まで待つことになった。その後、待機期間を経てチームに合流すると、5月1日の第11節アルビレックス新潟戦(0-2)でJリーグデビューを果たした。

 そして9日の第13節ファジアーノ岡山戦(4-2)で初ゴールを決めると、敵地での長崎戦で3試合連続のスタメン出場。0-0のまま迎えた前半30分に見せ場が訪れる。右サイドのハーフウェーライン付近でサウダーニャがボールを奪うとドリブルを開始。ペナルティーエリア手前で相手2人をかわして右斜め前方に持ち出すと、ペナルティーエリア内で左に切り返し、利き足の左足でシュートを放つと、グラウンダーのシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

 40メートル以上のドリブル突破から生まれた2試合連続ゴールに、母国も反応。ブラジルメディア「Futebol Bahiano」は、「バイーアからのローン、サウダーニャが日本で美しいゴールを決める」と見出しを打ち、映像付きで報じている。試合後にサウダーニャが自身の公式インスタグラムを更新し、「“一つ”になれば我々は強い。トップを目指してみんなで頑張ろう!」と綴っていたことも記すなど、レンタル中の左利きアタッカーの動向に母国メディアも注目しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング