ミラン長谷川唯、来季の女子CL参戦へ リーグ2位確定、初の出場権獲得に歓喜爆発

ミラン・フェミニーレMF長谷川唯【写真:Getty Images】
ミラン・フェミニーレMF長谷川唯【写真:Getty Images】

サッスオーロ戦で0-0ドローも2位以内を確定

 日本女子代表(なでしこジャパン)のMF長谷川唯が所属するACミラン・フェミニーレが、現地時間15日のリーグ第21節サッスオーロ戦を0-0の引き分けで終えた。これにより、来季のUEFA女子チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得し、お祭り騒ぎの様子をクラブ公式ツイッターが投稿した。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 長谷川は1月末に移籍が発表され、2月13日のイタリア杯で途中出場からデビューすると、2月27日のリーグデビュー戦でスタメンの座をつかみ、その後はレギュラーを確保して戦った。

 優勝こそユベントス女子にさらわれたものの、2位争いのライバルである3位サッスオーロ戦を0-0で終えた。これにより最終節で敗れてサッスオーロに勝ち点で並ばれても、直接対決の結果により2位を確保することが決まった。ミランは2018年にブレシアの女子チームを引き継ぐ形で創設されたが、初の女子CL出場を決めた。

 公式ツイッターが投稿したハイライト映像では、長谷川が前半に右ゴールポスト直撃の惜しいシュートを放ち、味方をGKとの1対1に導くラストパスも通した。背番号「4」の長谷川は、エースのイタリア女子代表FWヴァレンティナ・ジャチンティとの関係も良好で、ホットラインを形成している。

 女子CLは日本人選手ではDF熊谷紗希、FW永里優季、FW大滝麻未、FW安藤梢が優勝を経験している。欧州における女子サッカーでは新興国にあたるイタリアではあるものの、代表クラスの選手たちがずらりと並ぶ国内トップチームの一員として臨む来季の女子CLで、長谷川が活躍する姿が期待される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング