“妖精”ピクシー、伝説のリフティングドリブル再脚光でファン興奮 「これは真似した」

元ユーゴスラビア代表MFドラガン・ストイコビッチ【写真:Getty Images】
元ユーゴスラビア代表MFドラガン・ストイコビッチ【写真:Getty Images】

1994年9月、ストイコビッチが劣悪なピッチコンディションの中で圧巻のドリブルを披露

 Jリーグ初戦度の開幕戦は1993年の5月15日にヴェルディ川崎対横浜マリノス戦が行われ、5月15日は「Jリーグの日」に制定されている。Jリーグ公式ツイッターは、記念日までのカウントダウンを始め、「懐かしの助っ人外国籍選手たち」と題して、“ピクシー”こと元ユーゴスラビア代表MFドラガン・ストイコビッチの美技を回顧している。

 今回Jリーグ公式ツイッターが取り上げたのは、1994年9月17日に長良川競技場で行われたJリーグNICOSシリーズ第11節の名古屋グランパスエイト対ジェフユナイテッド市原戦だ。

 同年6月、フランス1部マルセイユから鳴り物入りで加入した“ピクシー”ことストイコビッチが、大雨で水たまりができるほど劣悪なピッチのなか、リフティングをしながら相手が追い付けないほどのスピードで前進し、計6回ボールをついて前線にパスをつなげた。

 これは伝説のプレーとして、20年以上が経過した今も語り継がれており、投稿で「コンディションの悪い中、名古屋のレジェンド、ストイコビッチ選手が魅せた華麗なリフティングドリブル」と紹介されると、往年のファンからコメントが相次いだ。

「定期的に見たくなる名シーン」
「やっぱピクシーかっけぇわ」
「これは真似した!」
「長良川の伝説」
「背番号8なのも珍しい」

 ピクシーは監督転身後の2009年、相手GKが蹴り出したボールをテクニカルエリアから革靴のままダイレクトで蹴り返し、鮮やかなにゴールネットを揺らした(主審への侮辱行為とみなされて退場処分)武勇伝も持っており、まさに“伝説の外国籍選手”だった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング