槙野智章、直接FK弾前の「相手GKの指示聞き」が話題 本人も即反応「友達なんだ」

浦和DF槙野智章【写真:小林 靖】
浦和DF槙野智章【写真:小林 靖】

仙台戦の2点目が決まる直前、相手GKスウォビィクが壁に出す指示を横で聞く姿に脚光

 浦和レッズの元日本代表DF槙野智章は、5月11日に34歳の誕生日を迎えた。Jリーグ公式ツイッターが、9日に行われたJ1リーグ第13節ベガルタ仙台戦(2-0)でのワンシーンを取り上げ、爆笑が巻き起こっている。

「FKが決まる前にはこんなシーンが! 壁を作るGKの指示を聞きに行く浦和レッズの槙野智章選手」

 このように綴られた動画は、浦和が後半13分に新助っ人FWキャスパー・ユンカーのゴールで先制して迎えた同30分だった。ペナルティーエリア手前でMF小泉佳穂が倒され、FKを獲得。キッカーを務めた元日本代表MF阿部勇樹の完璧な一撃が、壁を越えてゴール右隅に吸い込まれ、浦和がリードを2点に広げる直前のシーンだ。

 ゴールラインの中から壁に指示を送る仙台の元ポーランド代表GKヤクブ・スウォビィクの横で、ゴールポストに寄りかかり、タオルで汗を拭きながら、笑顔でその言葉に耳を傾けている。すぐさま相手が作る壁の横に移動したが、その直後に阿部の直接FK弾が仙台ゴールを襲った。

 槙野はこの投稿に対し、「友達なんだ」と反応。ファンからも「槙野老獪で笑う!」「想像以上に堂々と聞いていた」「アシストの記録ついてもいいやろ」「槙野は5秒あれば友達になりそう」といった声が上がり、盛り上がりを見せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング