「切り返し禁止」 川崎MF三笘薫、“カメラマン泣かせ”のキックフェイントに反響

川崎MF三笘薫【写真:Getty Images】
川崎MF三笘薫【写真:Getty Images】

名古屋との直接対決第2ラウンドで相手FW前田とMF米本を翻弄

 川崎フロンターレのMF三笘薫は、今季ここまで全14試合に出場して4ゴールを挙げている。プロ2年目も旋風を巻き起こしているなか、4日に行われたJ1リーグ第12節の名古屋グランパスとの直接対決第2ラウンドでもテクニックで魅せた。

 4月29日の第22節分で2位名古屋に4-0と快勝した川崎は、4日の直接対決第2ラウンドでも勢いそのままに、DFジェジエウ、DF山根視来、相手のオウンゴールで3点のリードを奪う。終盤に2失点したが、ライバル相手に2連勝で勝ち点差を「9」に広げた。

 そのなかで、スポーツチャンネル「DAZN」が「三笘薫のキックフェイントにスタジアムが湧く!」と取り上げたのが、前半16分のシーンだ。

 三笘が左サイドのタッチライン際をDF登里享平との連係で突破。中央へカットインすると見せかけて逆の左側へと切り返し、名古屋FW前田直輝の裏を突くと、カバーに来たMF米本拓司もフェイントで外し、フリーのMF田中碧へパスを通した。リターンが乱れて得点にはつながらなかったが、4954人が駆け付けた等々力陸上競技場は大きく沸いた。

 このシーンはツイッター上でも話題となり、「三笘のフェイントに引っかかりまくるカメラマン」とフェイントにつられ、三笘がフレームアウトしてしまう動画には「めっちゃツボ」「カメラマンの気持ちわかりすぎる」「エグい」「切り返し禁止」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング