「冷静な判断とアツいプレー」の申し子 川崎MF家長、“エロカッコいい”プレー集に反響

川崎フロンターレで活躍するMF家長昭博【写真:高橋 学】
川崎フロンターレで活躍するMF家長昭博【写真:高橋 学】

名古屋との直接対決第2ラウンドを迎えるなかで、Jリーグ公式ツイッターが特集動画公開

 川崎フロンターレは4日、本拠地でのJ1リーグ第12節で名古屋グランパスと対戦する。1位と2位の“頂上対決”第2ラウンドを迎えるなか、J1リーグ公式ツイッターは元日本代表MF家長昭博のプレー集をアップし、ファンも「カッコいいしエロい」と反応している。

 昨季王者の川崎は、開幕13戦無敗(11勝2分)スタート。4月29日に行われたJ1リーグ第22節・名古屋戦では、開始わずか23分で3ゴールを奪い、最終的に4-0の快勝を飾って力の差を見せつけた。

 4日に直接対決の第2ラウンドを迎えるなか、Jリーグ公式ツイッターは「最後に笑うのは俺たちだ。川崎フロンターレ 家長昭博選手をピックアップ。冷静な判断とアツいプレーが持ち味」と、今季12試合に出場してリーグ6位タイの6ゴールを挙げている家長をフォーカスした。

 54秒に凝縮された映像では、開幕戦でのボレー弾とダイビングヘッド弾で始まり、第4節柏レイソル戦(1-0)の抑えの利いたダイレクトシュート、第9節FC東京戦(4-2)のダイビングヘッドと絶妙コントロールショット、第10節サンフレッチェ広島戦(1-1)の華麗連携弾と今季の全ゴールをカバー。さらに、前日の名古屋戦でFWレアンドロ・ダミアンのヘディング弾を演出したピンポイントクロスも収録されている。

 落ち着き払ったプレーの数々に、ファンからは「家長の存在は大きい」「カッコいいしエロい」「Akiさんかっけぇ」と改めて感嘆の声が上がった。

 今年6月に35歳を迎える2018年MVPの家長だが、年齢を重ねるごとに円熟味を増している。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング