「絶対的な美しさ」 名門アヤックス、来季サードユニフォームの“3色差し色”に称賛

アヤックスの来季サードユニフォームに注目(写真は今季のもの)【写真:AP】
アヤックスの来季サードユニフォームに注目(写真は今季のもの)【写真:AP】

レゲエアーティストであるボブ・マーリーの曲「Three Little Birds」へのトリビュートか

 2020-21シーズンも終盤戦を迎え、来シーズンのユニフォームデザインがリーク、ないしは正式発表が続々とされている。そのなかで、オランダ1部エールディヴィジで最多となる優勝26回を誇る名門アヤックスの来季サードユニフォームが好評だ。

 アヤックスはクラブカラーの赤と白をベースとしたホームユニフォームが象徴的だが、2021-22シーズンのサードユニフォームのデザインが流出。リークされた画像では、黒ベースで、胸元や襟などに配色された赤、黄、緑のカラフルな差し色が目を引く。

 ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」によれば、ジャマイカ出身のレゲエアーティスト、ボブ・マーリーに敬意を示したデザインだという。マーリーの曲は、非公式ながら近年クラブソングとしてスタジアム内で定着していることが関係しているようだ。

 インターナショナル・チャンピオンズ・カップ公式ツイッターは、「ボブ・マーリーの曲『Three Little Birds』へのトリビュートだろう」と画像を投稿。また、英メディア「スポーツ・バイブル」は「絶対的な美しさ」と称賛し、海外ファンの「買うしかない」「私のコレクションに加わるのは間違いない」といった高評価も紹介していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング