「めちゃいい映像」 Jリーグ公式の海外版動画にファン喝采「誇らしい」「最高」

Jリーグの海外版プロモーション映像が反響(写真はイメージです)【写真:小林 靖】
Jリーグの海外版プロモーション映像が反響(写真はイメージです)【写真:小林 靖】

プロモーション映像を英語版公式YouTubeチャンネルで公開

 Jリーグ英語版公式YouTubeチャンネルは28日、海外向けにクラブカルチャーなどを発信するプロモーション映像を公開した。各クラブのユニフォームを外国人が着用したシーンが取り込まれた映像はSNS上で反響を呼び、国内外のファンから賛辞が寄せられている。

 Jリーグは今年で発足から29年目を迎え、加盟チーム数は57まで膨らんだ。各クラブが独自のカラーを打ち出しながら発展を遂げてきたなか、多様性やクラブカルチャーを海外へ発信するプロジェクトとして、28日から「20J1 Played in Japan、Made by the World:J.LEAGUE kits around the world」と題された映像を公式YouTubeチャンネルで公開している。

 ユニークなクラブカルチャー、象徴的で活気に満ちたファッションなどを称えるためのプロジェクトとされ、英語版公式サイトでは「特徴的なジャージや、国際的なスターやファンの大切なコミュニティーへのラブレターとなっている」と説明。映像には各クラブのユニフォームを外国人が着用したシーンが取り込まれるなど、ファッション性を意識した作りになっているのも印象的だ。

 動画は英語版公式ツイッターにも投稿されており、映像の出来映えにファンが反応。海外ファンから「クール」「ファンタスティコ!」「このJリーグの動画を世界中のファンに贈ろう」といった声があがったほか、国内ファンからは「Jリーグやとは思えんな」「めっちゃカッコいい」「センスしかない!!!!」「誇らしい」「めちゃくちゃいい映像」「このビデオ半端ない!」「最高すぎ」など、クオリティーを称えた声が多く寄せられており、日本人ファンにとっても必見の力作と言えそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド