「オシャレすぎる」 バルサFWグリーズマン、絶妙タッチの“芸術的ループ弾”に賛辞

2ゴールを奪ったバルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン【写真:AP】
2ゴールを奪ったバルセロナのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン【写真:AP】

ビジャレアル戦で2ゴールを奪い逆転勝利に貢献、1点目の華麗なループ弾が話題

 スペインの名門バルセロナは現地時間25日、リーガ・エスパニョーラ第32節でビジャレアルと敵地で対戦し、2-1と逆転勝利を収めた。逆転優勝に向けてフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが2ゴールを奪い貴重な勝ち点3をもたらしたが、1点目のループシュートが「オシャレすぎる」と反響を呼んでいる。

 31試合を終えた時点で3位につけていたバルセロナは今節、難敵ビジャレアルとのアウェーゲームに臨んだ。逆転優勝のためには負けられない一戦だったが、前半26分に1本の縦パスでビジャレアルMFサムエル・チュクウェゼに抜け出され先制点を許してしまう。嫌なムードが漂うなか、2分後に流れを引き戻すゴラッソが生まれる。

 DFオスカル・ミンゲサが、右サイドをドリブルで持ち上がりながらビジャレアル最終ラインの背後に走り込んだグリーズマンへ浮き球のスルーパス。ペナルティーエリア内でボールに追いついたグリーズマンは体の向きを相手ゴールに正対させると、次の瞬間、左足でダイレクトのループシュートを選択。わずかにアウト回転がかかったボールは、ビジャレアルGKセルヒオ・アセンホの頭上を越えて逆サイドネットに吸い込まれた。

 この芸術的な一撃のゴール動画を、「DAZN」公式ツイッターは「グリーズマンのオシャレすぎるループ弾 絶妙な抜け出しから、絶妙なフィニッシュ 先制された直後に追いつく」と綴り投稿。ファンからも「うまい!」「エレガントなゴール」「美しい」といった声があがっていた。

 グリーズマンは同35分にこの日2点目のゴールを奪い、2-1の勝利に大きく貢献。同日に行われた試合で、首位アトレティコ・マドリードがアスレティック・ビルバオに1-2で敗れたため、バルサは暫定3位のままだが1試合消化が少ないなかで勝ち点「2」差と、逆転優勝を射程圏内に捉えている。絶対的エースのFWリオネル・メッシとともに、グリーズマンの調子も上向いており、リーガ優勝争いからますます目が離せなくなりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング