浦和GK西川、日本代表復帰で手応え Jリーグで好守連発「すごく得るものがあった」

緊迫した展開の中でのファインセーブは「GKとしてのやりがいの一つ」

「GKとしてのやりがいの一つ。これが勝ち点1なのか3なのか、最悪ゼロなのかというところに繋がってくるポイントになったと思うので、こういう試合で90分間を通して、あのセーブがあったから勝ち点3が取れたという試合を、これからも多くやっていきたい」

 ここ数試合では、低空飛行で正確に飛んでいくパントキックがJリーグ公式ツイッターなどに取り上げられ、攻撃の第一歩になるプレーが切り取られてフォーカスされていた。しかし、この徳島戦ではゴールを守るという点で勝利に直結する活躍が光った。森保監督は代表活動中に「ここで得たものをクラブに持ち帰り、成長につなげてほしい」と話し続けていたが、西川は大きなモチベーションを得ながら、プレーでその要求に応えていたと言えるはずだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド