「血まみれで逮捕」 元インテルMFの”衝撃的な瞬間”に騒然「怒りを露わにして衝突」

逮捕された元コロンビア代表MFフレディ・グアリン【写真:Getty Images】
逮捕された元コロンビア代表MFフレディ・グアリン【写真:Getty Images】

元コロンビア代表MFグアリン、両親への暴行疑惑で逮捕されるシーンがSNSで拡散

 インテルやFCポルトでのプレーを経て、現在はコロンビア1部ミジョナリオスに所属する元コロンビア代表MFフレディ・グアリンが、家族への暴行疑惑により母国で逮捕された。SNS上では警察により取り押さえられる衝撃シーンが拡散し、その一部始終に海外メディアが注目している。

 グアリンは母国のエンビガドFCで2004年にプロデビュー後、ポルトやインテルなどの欧州クラブでプレー。12年から4シーズン在籍したインテル時代には日本代表DF長友佑都(マルセイユ)と共闘した。コロンビア代表としても50試合以上に出場し、14年のブラジル・ワールドカップ(W杯)ではグループリーグ第3戦の日本戦(4-1)にフル出場した。

 16年以降は、中国の上海申花、ブラジルのバスコ・ダ・ガマと渡り歩き、今年1月にミジョナリオスへ加入。ここまでリーグ戦7試合に出場していたなか現地時間1日、両親に暴行を加えた疑いで逮捕されたことが分かった。スペイン紙「マルカ」によると、グアリンはクラブに数日間のオフを願い出ており、最近のトレーニングに参加していなかったようで、記事では警察の声明で「息子が両親に暴力を振るい、両親は彼を警察に連れて行くように要求した」とも綴られている。

 SNS上ではグアリンが警察により取り押さえられる衝撃シーンが拡散。映像には家から引きずり出されるグアリンの姿が映っており、手やジーンズには血のようなものがはっきりと見て取れる。警察官の手を振りほどこうとしたあと、シャツを脱いで立ち、捜索が行われる様子まで収められていた。

 英紙「ザ・サン」はこの衝撃映像に対し、「元インテル・ミラノのスター、フレディ・グアリンが両親に暴行して血まみれで警官に逮捕される衝撃的な瞬間」と見出しを打ち、「警察に拘束された際に怒りを露わにして衝突するという、驚くべき映像がソーシャルメディアに投稿された」と驚きを持って伝えている。

 グアリンが奇行に及んだとされる原因は定かではないが、警察は何らかの物質の影響を受けていたことを明らかにしたといい、かつて欧州名門クラブに所属したサッカー選手の逮捕に騒然となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング