久保建英は「創造性で違い見せた」 英記者がU-24アルゼンチン戦“先発11人”を採点

0-1とU-24アルゼンチン代表に敗れたU-24日本代表【写真:©JFA】
0-1とU-24アルゼンチン代表に敗れたU-24日本代表【写真:©JFA】

南米予選1位の強豪に0-1惜敗、前半の守備陣は相手アタッカーの動きに手を焼く

 東京五輪世代のU-24日本代表は26日、東京スタジアムで行われた国際親善試合のU-24アルゼンチン代表戦に0-1と惜敗した。日本は何度か良い形を作るものの南米予選1位の牙城を崩せず。前半21分にFWアドルフォ・ガイチに決められた1点が、最後まで重くのしかかった。かつてAFC(アジアサッカー連盟)の機関紙「フットボール・アジア」編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、20年以上にわたってアジアサッカーを追う英国人記者のマイケル・チャーチ氏が、先発した11選手を採点。フル出場したMF久保建英(ヘタフェ)を、「創造性で違いを見せた」と単独最高点で評価している。

   ◇   ◇   ◇

U-24アルゼンチン戦のU-24日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
■大迫敬介(サンフレッチェ広島) 5点
 前半に失点を許したが、ゴール前で堅実性を見せた。ヘディングの軌道からなす術はほとんどなかった。

【DF】
■板倉 滉(フローニンゲン) 5点
 失点の場面では(マティアス・)バルガスにあっさりと抜かれた。この場面で勝負ありとなったが、試合の大部分で役割をこなした。

■渡辺 剛(FC東京) 5点
 失点の場面で致命的なスペースを作ってしまった。バルガスに引きつけられ、ガイチがフリーに。試合が進むにつれて尻上がりに良くなり、終盤の鋭いヘディングは外れた。

■菅原由勢(AZ) 6点
 ガイチを撹乱するために様々な試みに出た。失点も阻もうとしたが、うまくいかなかった。それ以外は破綻なく、攻撃参加も見せた。

■旗手怜央(川崎フロンターレ) 5点
 攻撃参加で見せ場を作った一方、幾度となくバルガスの突破に手を焼いた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング