「クボにどれだけやられるんだ」 久保の迫力に海外紙も反応「日本で最高の存在」

果敢にドリブルを仕掛けるU-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
果敢にドリブルを仕掛けるU-24日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

日本はアルゼンチンに0-1で惜敗も… 海外メディアは久保のプレーに注目

 U-24日本代表は26日、国際親善試合でU-24アルゼンチン代表と対戦し、0-1で敗れた。MF久保建英(ヘタフェ)は先発フル出場を果たすも不発に終わったが、海外メディアは「クボにどれだけのダメージを受けさせられているか。この日本人は、非の打ち所がないプレーをしている」と伝えている。

 久保はアルゼンチン戦でトップ下として先発に名を連ね、右サイドに流れながらボールを受け、積極的に仕掛けるプレーを見せた。しかし、日本は前半21分に左サイドを突破されると、MFマティアス・バルガスのクロスからFWアドルフォ・ガイチに打点の高いヘディング弾を叩き込まれ、1点のビハインドで前半を折り返した。

 後半に入ると、左サイド寄りでボールを受ける機会が多くなった久保は、スルーパスに抜け出してグラウンダーのクロスで決定機を演出し、ゴール前では右足の豪快なダイレクトボレーで急襲するなど、無得点に終わったものの、試合を通して存在感を放った。

 久保のパフォーマンスについて、スペイン紙「AS」アルゼンチン版は日本対アルゼンチンを速報で取り上げ、「タケフサ・クボとは一体何者なんだ? 日本で最高の存在だ」「クボにどれだけやられるんだ。この日本人は、非の打ち所がない」と伝えていた。アルゼンチンメディアには、久保は確かな脅威として映っていたようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド