「実力差は結果ほどない」 韓国の英雄アン・ジョンファン、完敗に不満吐露「残念」

韓国の英雄アン・ジョンファン氏【写真:Getty Images】
韓国の英雄アン・ジョンファン氏【写真:Getty Images】

国際Aマッチ初解説を務めたなか、ライバル日本に敗れて「主力が不在だったのは残念」

 パウロ・ベント監督率いる韓国代表は25日、国際親善試合で日本代表と対戦し、0-3で完敗を喫した。2002年の日韓ワールドカップ(W杯)で母国をベスト4に導く活躍を見せ、Jリーグでもプレーした元韓国代表FWアン・ジョンファン氏は、「残念」と母国の戦いに物足りなさを吐露した。韓国のスポーツ・芸能総合サイト「スポータルコリア」が報じている。

 10年ぶりに行われた親善試合の日韓戦、韓国はエースのソン・フンミン(トッテナム)が負傷で参加を辞退し、FWファン・ウイジョ(ボルドー)とFWファン・ヒチャン(RBライプツィヒ)は招集できず。20歳のFWイ・ガンイン(バレンシア)をゼロトップ気味に配置し、DFキム・ヨングォン(ガンバ大阪)がキャプテンマークを巻いた。

 前半17分、自陣ペナルティーエリアの境界線付近でFW大迫勇也(ブレーメン)にバックヒールで最終ラインの背後へ落とされると、抜け出してきたDF山根視来(川崎フロンターレ)に強烈なシュートを決められ、韓国は先制点を許してしまう。

 さらに同27分には、大迫を起点にMF鎌田大地(フランクフルト)に持ち上がられると、ペナルティーエリア内でキム・ヨングォンがかわされて2点ビハインドで前半を折り返した。

 後半38分にもセットプレーから失点を喫し、3失点で完敗となった韓国。韓国テレビ局「MBC」で国際Aマッチ初解説を務めた英雄のアン・ジョンファン氏は、「(ソン・フンミンら)主力が不在だったのは残念だった。でも、その状況でももし勝てば、自信を得てより強くなれるはずだった。レギュラーと控えの格差がないチームがより強くなれる」と、母国の戦いぶりに物足りなさを吐露した。

「次回、主力が参加するなら負けることはできない。日本と韓国はライバル関係にある。実力差は今回の結果ほどないだけに、残念だし、腹立たしい」

 アン・ジョンファン氏は、“後輩”たちに奮起を促すように厳しい言葉を述べていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング