日本代表が韓国を圧倒! 山根の鮮烈デビュー弾、鎌田の追加点…2点リードで後半へ

DF山根視来、MF鎌田大地のゴールで前半を折り返す【写真:Getty Images】
DF山根視来、MF鎌田大地のゴールで前半を折り返す【写真:Getty Images】

注目の日韓戦、攻守に高い機能性を見せた日本が前半2-0で折り返す

 日本代表は25日に韓国代表との国際親善試合に臨み、攻守に高い機能性を見せた試合展開で前半を2-0でリードして折り返した。

 森保一監督は右サイドバックに代表初招集となったDF山根視来を起用。MF遠藤航とのダブルボランチは、1月にポルトガル1部サンタクララへ移籍したMF守田英正がパートナーを務めた。欧州でプレーする選手も招集される日韓戦は、2011年8月の国際親善試合(3-0)以来、10年ぶりとなった。

 最初の決定機は日本だった。前半6分、高い位置でボールを奪ってのショートカウンターで、ペナルティーエリア内でFW大迫勇也がボールをキープ。攻撃参加したDF佐々木翔につなぐと、中央へのラストパスをMF鎌田大地がワンタッチで狙ったが、わずかに枠を外れた。さらに同10分には、ショートコーナーからの展開でフリーになったMF遠藤航がヘディングシュートを狙ったが、クロスバーに当たってゴールとはならなかった。

 そしてゴールへの圧力をかけながら迎えた同17分、ペナルティーエリアの境界線付近で相手に当たって浮いたボールを、大迫がバックヒールで最終ラインの背後へ。そこに抜け出してきた山根が右足で強烈なシュートを決め、史上33人目となる代表デビュー戦での初ゴールを記録した。

 さらに同27分には自陣でボールを奪ったところから縦に入れたボールを大迫が収めて、フォローしてきた鎌田にパス。右サイドからカットインした鎌田はペナルティーエリア内から右足シュートを決め、2-0とリードを広げた。

 攻守に高い機能性を見せた日本は、このまま2点リードをキープしてハーフタイムを迎えた。後半、韓国の逆襲をどのように抑え込み、その背後を突いていくのか注目される。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング