日本代表、齊藤コーチの新型コロナ陽性が判明 25日の日韓戦は予定通り実施へ

新型コロナウイルスの陽性反応があったことを発表した【写真:Getty Images】
新型コロナウイルスの陽性反応があったことを発表した【写真:Getty Images】

22日のPCR検査によって陽性反応、濃厚接触者はなし

 日本サッカー協会(JFA)は23日、SAMURAI BLUE(日本代表)の齊藤俊秀コーチから新型コロナウイルスの陽性反応があったことを発表した。同コーチは無症状で現在、保健所の指示に従って対応しているという。

 齊藤コーチは22日の事前検査(SmartAmp法検査およびPCR検査)によって、新型コロナウイルスの陽性が判明。代表活動合流前の検査であったことから、他の代表スタッフや選手について、保健所から濃厚接触者はいないことが確認されている。

 日本代表は国際親善試合・韓国戦(25日/日産スタジアム)とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選モンゴル戦(30日/フクダ電子アリーナ)を控えるが今一件の影響はなく、予定通り試合を実施するとしている。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング