「全人類が感動の写真」 ハーランドの“驚異的ジャンプ”に反響「C・ロナウドになった」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】

バイエルン戦で2ゴールのハーランドが見せた超人的ジャンプの反響が拡大「芸術作品!」

 ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは現地時間6日、ブンデスリーガ第24節バイエルン・ミュンヘン戦(2-4)で2ゴールを記録した。王者相手に逆転負けを喫したものの、試合中に見せた超人的なジャンプに対し、海外メディアからは「クリスティアーノ・ロナウドになった瞬間のハーランド。全人類が感動する写真」と反響を呼んでいる。

 ブンデス屈指のビッグカードである“デア・クラシカー”は、試合開始早々の前半2分、9分と立て続けにハーランドがネットを揺らしてドルトムントが2点をリードする。しかし、同26分、44分に相手FWロベルト・レバンドフスキにゴールを奪われ、2-2でハーフタイムを迎えた。そして後半43分にドイツ代表MFレオン・ゴレツカ、同45分に再びレバンドフスキに得点を許し、2-4と逆転負けを喫した。

 ドルトムントにとっては痛恨の敗戦となった一方、海外メディアはハーランドが浮き球のパスに対し、1メートル以上ジャンプする跳躍力で胸トラップを試みる瞬間に注目していたが、反響はさらなる拡大を見せている。アルゼンチン放送局「Telemundo Deportes」は公式ツイッターで「バイエルン戦で披露した驚異的なジャンプは、クリスティアーノ・ロナウドを彷彿させるスタイルだった」と、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを引き合いに出して写真を比較していた。

 また、ポルトガル紙「レコルド」は、記事で「クリスティアーノ・ロナウドになった瞬間のハーランド。全人類が感動する写真」と見出しを打ち、「クリスティアーノ・ロナウドの真骨頂である跳躍を示した」と取り上げている。また、同紙のメキシコ版公式ツイッターでも「芸術作品! この驚異的なジャンプはクリスティアーノ・ロナウドのスタイルだ」と投稿。ハーランドの並外れた身体能力に全世界が驚きを示していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング