「メッシはFK練習をしない」 バルサ天才の“規格外ぶり”を元同僚告白「彼には自然」

バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
バルセロナFWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

元バルセロナのポルトガル代表DFセメド、メッシとの共闘を回想

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシといえば、ドリブル、シュート、パスの三拍子が揃っているだけでなく、フリーキック(FK)キッカーとしても世界最高クラスの精度を誇る。しかし、元チームメイトのポルトガル代表DFネルソン・セメド(ウォルバーハンプトン)によると、メッシがトレーニングでFK練習をすることはないという。英紙「ザ・サン」が報じている。

 メッシは1月31日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節アスレティック・ビルバオ戦(2-1)で通算55本目となる直接FKを成功。英メディア「GIVE ME SPORT」によると、FKゴールの本数では歴代11番目に入っているとされている。

 昨夏までバルセロナでメッシとともにプレーしていたセメドは、英紙「ザ・テレグラフ」のインタビューで、バルサ史上最高の選手とともにプレーし、トレーニングするのはどんな気分だったかと尋ねられ、「彼がどれほど素晴らしいかを表現する言葉が見つからない」と述べたうえで、こう続けている。

「彼のもっとすごいところは何か分かるかい? トレーニングで彼がFKの練習をしているところを一度も見たことがないんだ。バルサに在籍中、たった一度もだ。誓って一度もない。彼にとっては、ごく自然なことなんだ。人々は練習すればするほど完璧になると言うが、彼の場合は練習しなくてもパーフェクト。信じられないほど素晴らしい選手だ」

 さらに、2017年のバルサ加入直後の試合を振り返り、「彼(メッシ)はボールを持つと、3人、4人、5人とドリブルで抜いた。私はピッチで無意識に『この男はなぜこんなことができるんだ? 良い選手でも彼の前では下手に見える』と思っていた」とコメント。メッシの“天才さ”を説明できる言葉はないと語っていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング