33歳FWイグアイン、まさに別人の“イメチェン”姿に海外驚愕 「信じられない」

元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン【写真:Getty Images】
元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアイン【写真:Getty Images】

一瞬見ただけでは「認識できない」新ルックスに海外熱視線

 元アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインは現在、元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務める米MLS(メジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミに所属しており、チームは4月からスタートする新シーズンに向け始動した。そんななか、トレーニングに姿を見せたイグアインの“激変ぶり”に海外メディアが熱視線を送っている。

 イグアインはアルゼンチンの名門リバープレートでプロデビュー後、レアル・マドリード、ユベントス、ACミラン、ナポリ、チェルシーといった欧州各国の強豪クラブを渡り歩き、昨年9月にインテル・マイアミへ移籍。4月からMLSで2シーズン目を迎えるなか、2日に始動したチームトレーニングに姿を現したイグアインの容姿は、以前と比べて明らかに変わっている。

 頭の前頭部は禿げ、髭はもみあげからあごにかけて鬱蒼(うっそう)とたくわえられており、一瞬見ただけではまさに別人だ。この”新ルックス”に海外メディアも驚愕しており、スペイン紙「MARCA」は「インテル・マイアミのプレシーズンで激変ぶりを見せつけた」と報じれば、イタリアの各メディアも「信じられない:どうなってしまったのか見てほしい」(「コリエレ・デロ・スポルト」紙)、「認識できない」(スポーツ専門メディア「Fanpage.it」)と綴るなど、33歳ベテランFWのイメチェンに驚きの声を上げていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング