「常識を超えている」 F・トーレスの衝撃“ボディービルダー化”に海外の驚愕止まず

かつてサガン鳥栖でプレーをしたFWフェルナンド・トーレス【写真:安藤 隆】
かつてサガン鳥栖でプレーをしたFWフェルナンド・トーレス【写真:安藤 隆】

ジムを経営するトーレス氏の筋骨隆々な姿に反響拡大「印象的な姿になった」

 2019年8月にサガン鳥栖で現役を引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏は現在、スペインでジムを経営している。最新の写真として公開された筋骨隆々な姿への反響が止まず、「常識を超えている」と驚きを持って報じた。

 アトレティコ・マドリードの下部組織からプロデビューを果たしたトーレス氏は、チームの顔として才能を開花させると、2007年にリバプールへ移籍し、世界屈指のストライカーへと飛躍を遂げた。その後、11年にチェルシーに活躍の場を移すも不振に陥り、ACミランを経て、16年にアトレティコへと復帰。そして18年にJリーグのサガン鳥栖へと加入し、19年に現役を引退した。

 ここ最近までは古巣アトレティコの下部組織でコーチングスタッフを務めていたトーレス氏。一方、スペイン国内でジムも経営しており、近年は筋力強化により、現役時代とは別人のような変貌を遂げていたことで話題を呼んでいた。

 ポーランドのラジオ局「Radio ZET」も、「フェルナンド・トーレスは常識を超えている。アンリアルな変貌」と見出しを打ち、「フェルナンド・トーレスは明らかにボディービルに目覚めた。筋肉量を増し、印象的な姿になった」と驚きを持って報じていた。

 トーレス氏はもはやアスリートの域を超え、海外メディアでも“ボディービルダー級”と認定されているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング