シャビ、元アルゼンチン代表MFとの“再会2ショット”にビジャも反応 「素晴らしい」

現在アル・サッドを指揮するシャビ監督【写真:Getty Images】
現在アル・サッドを指揮するシャビ監督【写真:Getty Images】

バルサで共闘したシャビとマスチェラーノがカタールの首都ドーハで再会

 元スペイン代表MFシャビは、長年所属したバルセロナを退団後、カタール1部アル・サッドにプレーの場を移し、現在は監督としてチームを率いている。そのなかで、かつて共闘した盟友と再会を果たしたようで、自身の公式インスタグラムで報告している。

 バルセロナのカンテラ(下部組織)出身のシャビは、1998年にトップチームデビューを飾ると、その後にレギュラーに定着。主にMFアンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)と中盤でコンビを形成し、黄金期を支えた。

 2015年にバルセロナを退団。アル・サッドでは19年まで現役としてプレーし、同年から監督に就任した。将来的に古巣バルセロナの監督に就任することも囁かれている元プレーメーカーは公式インスタグラムで盟友との再会を報告している。

 登場したのは、2010年にリバプールからバルセロナに加入し、18年までプレーした元アルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ氏だ。昨年11月に現役引退を表明したマスチェラーノ氏は、カタールの首都ドーハを訪れた模様。5歳年上のシャビは「会えて嬉しい、友よ」と2ショットにメッセージを添えている。

 これには、マスチェラーノ氏が「会えて本当に嬉しい」と反応したほか、2010~13年にバルセロナに所属し、神戸でもプレーした元スペイン代表FWダビド・ビジャ氏も「素晴らしい」とコメント。ファンからも「再会」「偉大な2人」「黄金コンビ」と声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング