「純然たる残虐行為」 “技巧派レフティー”の衝撃25m弾を海外メディア絶賛「芸術作品」

セビージャMFスソがアラベスで決勝ゴールをマーク【写真:Getty Images】
セビージャMFスソがアラベスで決勝ゴールをマーク【写真:Getty Images】

セビージャMFスソ、アラベス戦で豪快な決勝ゴールを叩き込む

 スペインの強豪セビージャは現地時間19日、リーガ・エスパニョーラ第19節の敵地アラベス戦に臨み2-1で勝利した。この試合の決勝ゴールとなったスペイン代表MFスソの豪快なミドル弾が、海外メディアで反響を呼んでいる。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 暫定5位でこの試合を迎えたセビージャは、上位に食らいつくためにも勝利が欲しい一戦。開始早々の3分にモロッコ代表FWユセフ・エン=ネシリのゴールで先制したものの、前半12分に同点に追いつかれてしまう。だがその後もリズム良く攻撃を仕掛けたなか、同30分にゴラッソが生まれる。

 敵陣右サイドのスローインからMFジョアン・ジョルダンとパス交換したスソがカットイン。相手1人が立ちはだかるもさらに中央へ持ち出し、ゴールまで25メートル以上の距離がある位置から左足を振り抜いた。外側から巻くように絶妙なカーブがかかった一撃はゴール左上隅を正確に捉え、アラベスGKフェルナンド・パチェコが必死に飛びつくも伸ばした右手をかすめるようにしてネットを揺らした。

 この一撃に現地メディアも反応。スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」公式ツイッターが「スソのなんてゴラッソ!」と伝えれば、スペインメディア「エル・デスマルケ」セビージャ版公式ツイッターも「スソの芸術作品」と称賛。またスペイン紙「AS」は「彼が得点したゴールは純然たる残虐行為だ」と表現したうえで、「そこからシュートするとは誰も思っていなかったが、彼はパチェコが止められないほどの精度で撃った」とシュート技術の高さを称えている。

 この勝利でビジャレアルを抜いて4位に浮上したセビージャ。ACミラン時代には元日本代表MF本田圭佑と共闘した“技巧派アタッカー”が、攻撃のキーマンとして輝きを放っている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】