英雄パク・チソン、Kリーグで活動へ 欧州での経験“還元”に母国注目

かつてマンチェスター・ユナイテッドや韓国代表で活躍をしたパク・チソン【写真:Getty Images】
かつてマンチェスター・ユナイテッドや韓国代表で活躍をしたパク・チソン【写真:Getty Images】

全北現代のスポーツディレクターに 「アドバイスする仕事を“非常勤”で受け持つ」

 元韓国代表MFパク・チソンがKリーグの全北現代モータースでスポーツディレクターとして活動を開始するという。韓国のスポーツ紙「スポーツ京郷」が報じている。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 同紙は「パク・チソンは全北現代に合流し、ディレクターの役割を受け持つことになる。昨年から論議が交わされてきた。技術的な部分だけでなく、選手の加入などクラブ運営の全般にわたり、アドバイスする仕事を“非常勤”で受け持つ」と、サッカー関係者の声を伝えている。

 ご存知の通り、パク・チソンはJリーグの京都パープルサンガ(当時/現京都サンガF.C.)を経て、オランダのPSVでプレー。その後、プレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドでプレーし、2005年から2012年まで4度のリーグ優勝を経験。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)も制覇するなど数々のタイトルを獲得した。

 韓国サッカー界を牽引した“英雄”として知られ選手としての実績は申し分ないが、現役を退いた後に何をするのかが、必ずと言っていいほど話題になってきた。2016年からは「Kリーグの運営に携わることを視野に」イギリスのレスターにあるデモントフォート大学に入学し、スポーツマネジメントを学んだ。

「パク・チソンは、イギリスでサッカーのフロント業務について学び、クラブに関わる仕事に携わる夢を育んできた。2016年9月から17年7月まで、FIFAマスターコース過程を経て、同年11月から大韓サッカー協会でユース戦略本部長としてサッカー“行政家”としての第一歩を踏み出した」

 ただ、当時はイギリス在住ということもあり、協会の本部長としての仕事は1年で終えていた。そうした意味では、今回の全北現代でのディレクターのポジションは、パク・チソンが描いていた夢への第一歩になるのだろう。

 パク・チソンは過去にKリーグで一度もプレーしたことがないが、こうして運営側として携わることで、リーグ全体に様々な効果が出てくると期待している。

「全北現代の立場としては、パク・チソンの加入は好材料だ。約10年間も欧州の舞台でプレーし、先進のサッカーシステムを経験した彼のアドバイスは、アジアの名門クラブとして飛躍を夢見る全北に大きな力になるだろう。また、Kリーグの興行にも肯定的に作用すると見られる」

 アジア屈指のクラブで、パク・チソンがチームのディレクターとしてどのような手腕を発揮するのか――。欧州との強いパイプと知識を生かした中長期的な強化が、これからの全北現代の基盤となるのか注目したい。

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

page 1/1

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位

  3. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  4. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  5. 浦和モーベルグ妻、ミニ丈ワンピで銀座出没に反響 珍しいパールピンク壁前で報告「美しい」「めっちゃ可愛い」の声

  6. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  7. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  8. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  9. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 最新FIFAランキング発表! 日本は24位で変動なし、スペインが7位に後退…ドイツは11位、コスタリカは31位