日本代表FW、地元に帰還…雪中の“大寅”前での“記念ショット”にファン反響 「トラきれい」「寒そう」

地元の信貴山・朝護孫子寺を訪れた様子を公開したヴィッセル神戸日本代表FW古橋亨梧【写真:高橋学】
地元の信貴山・朝護孫子寺を訪れた様子を公開したヴィッセル神戸日本代表FW古橋亨梧【写真:高橋学】

ヴィッセル神戸の古橋亨梧が公式インスタグラムを更新

 ヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧が自身のインスタグラムを更新した。雪の中、地元の信貴山・朝護孫子寺を訪れた様子を公開。ファンから反響を集めている。

 奈良県・生駒市出身の古橋は、アスペガス生駒FC、興國高校、中央大学を経て、2017年にFC岐阜へ加入。1年目にJ2リーグ42試合6ゴールの結果を残し、2年目に同リーグ26試合11ゴールと活躍を見せたなか、18年夏にヴィッセル神戸へステップアップとなる移籍を果たした。

 神戸で着実に成長を続ける古橋は、20年シーズンも30試合12ゴールという活躍を遂げた。19年11月19日の国際親善試合ベネズエラ戦でA代表デビューも飾り、初出場のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも4強入りに貢献。来季もエースとして得点量産が期待される。

 そんななか、古橋が公式インスタグラムを更新。雪の中、地元の信貴山・朝護孫子寺を訪れた様子を公開。雪が降り積もった「世界一福寅」と言われる“大寅”との記念写真などを投稿している。

「この間は雪凄かったですね! みなさんくれぐれも体調には気をつけてくださいね」

 ファンからは「地元ですね」「トラきれい」「今年は目指せ得点王」「寒そう」と反響が寄せられた。地元からパワーをもらった古橋の来季の活躍にも期待がかかる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング