これがホーム用!? 松井大輔、サイゴンFC最新”緑ユニ”着用姿披露「どれが本当なの~」

ベトナム1部リーグサイゴンFCの元日本代表MF松井大輔【写真:高橋学】
ベトナム1部リーグサイゴンFCの元日本代表MF松井大輔【写真:高橋学】

緑、ピンク、紫、カラーバリエーション豊富なサイゴンFCのユニフォームに困惑!?

 ベトナム1部リーグのサイゴンFCへ移籍した元日本代表MF松井大輔が自身の公式インスタグラムを更新。新ユニフォームでのポートレート撮影を行った模様を公開しているが、「緑なのピンクなの紫なの?どれが本当なの~」とお茶目な感想を綴っている。

 39歳の松井は2000年に京都パープルサンガ(当時)でプロデビュー。04年にフランスへ渡った後は、国内外のクラブを転々とし、2018年から昨年までの3シーズンは横浜FCでプレーした。昨季リーグ戦では3試合の出場にとどまっていたなか、ベトナム1部リーグのサイゴンFCから獲得オファーが届き、今年から新たな挑戦へ挑んでいる。

 すでに現地での活動をスタートしており、先日にはインスタグラムで紫の「10番」のユニフォームを身に纏ったプレー写真とともに、「Training match とりあえず1得点」と、新天地での初ゴールを報告していた。

 今回の投稿では、上下緑のユニフォームを着て撮影に臨んだ様子が収められており、「新しいユニホーム。緑なのピンクなの紫なの?どれが本当なの~」とコメント。ファンからは「何色を着ても、お似合いです」「モデルの大輔さん かっちょいー」といった声が上がり、元日本代表FW播戸竜二氏も「楽しみ」と期待を寄せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング