4人で囲い込む“メッシ包囲網”の瞬間に英紙注目 「封じ込むためにベストを尽くしたが…」

2ゴールを奪ったバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】
2ゴールを奪ったバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

3ゴールに絡んだメッシ、ビルバオ守備陣が囲い込んだ瞬間の写真に脚光

 バルセロナは現地時間6日、リーガ・エスパニョーラ第2節延期分でアスレティック・ビルバオと対戦し、敵地で3-2と勝利を収めた。アルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2ゴールを奪う活躍を披露したなか、英紙は相手守備陣4人に囲まれた“メッシ包囲網”の瞬間を取り上げている。

 前節までリーグ6戦無敗(4勝2分)と、一時期の不振から脱しつつあるバルセロナは、ビルバオ戦でも前半3分に先制点を与えるも、同14分に左サイドからメッシが左足を力強く振り抜いて大きな弧を描くアーリークロスを放り込む。相手GKの飛び出しにくい絶妙な位置にボールを落とすと、走り込んだオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが折り返し、MFペドリが頭で押し込んだ。

 さらに同38分、敵陣中央でボールを保持したメッシがペドリに縦パスを入れたのをスイッチに前線へ走り込むと、相手守備陣を引きつけたペドリがヒールパスを送り、ペナルティーエリア左からメッシがダイレクトで流し込んだ。さらに後半17分にも、メッシは左足でゴール左隅に流し込む追加点を決めた。

 全3得点に絡む活躍を披露したメッシだが、英紙「ガーディアン」は公式インスタグラムでボールキープするメッシに対し、ビルバオの選手が4人で囲い込むワンシーンの写真を投稿しており、「アスレティック・ビルバオの選手は昨夜レオ・メッシを封じ込むためにベストを尽くしたが、彼は2ゴールを決めた」と文章を添えていた。人数をかけてもなお、メッシを抑え込むのが難しいことを物語っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング