中島翔哉、日本代表DF塩谷所属のアル・アイン移籍説が浮上 51億円の購入オプション付きか

ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】
ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉【写真:Getty Images】

今季は昨年12月を最後に実戦から遠ざかり、レンタル移籍で中東行きとなるか

 ポルトガル1部ポルトの日本代表MF中島翔哉は所属2年目の今季、出場機会が激減している。そのなかで、UAE1部アル・アインへのレンタルが濃厚だという。ポルトガル紙「レコルド」が報じた。

 2017年夏にポルトガル1部ポルティモネンセへ完全移籍した中島は、1年目から29試合10得点を挙げる活躍を見せ、翌シーズン途中にカタール1部のアル・ドゥハイルへ。そして2019年夏、ポルトが1200万ユーロ(約15億2000万円)を支払って保有権の50%を獲得する共同保有という形で、再びポルトガルでプレーすることになった。

 ポルトでの初年度こそリーグ戦16試合でプレーしたが、今季はリーグ戦出場4試合のみ。昨年12月5日の第9節トンデラ戦(4-3)を最後に実戦から遠ざかっている。

 そのなかで、「レコルド」紙によれば、今季シーズン終了までUAE1部アル・アインへのレンタル移籍の可能性が浮上。4000万ユーロ(約51億円)の購入オプション付きで、現地1月7日に両クラブ間で交渉はまとまっているという。

 アル・アインにはDF塩谷司が所属しているが、日本人コンビが誕生することになるのだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング