長谷部誠は“不死鳥”か 今季初めてボランチで先発、チームの頭脳として冴え渡る戦術眼

1本のパスに込められた味方への無言のメッセージ

 いくつかのパスをつないだら、あとはサイドに展開してセンタリングというパターンに頼ることが多かったフランクフルトだが、この試合では細かいパス交換の連続で相手守備のプレスを受ける状況でもチャンスに持ち込むシーンが数多く見られたことは大きな収穫だろう。そこが上手くいくから、両サイドのフィリップ・コスティッチとエリック・ドゥルムは、これまで以上に効果的に攻撃に絡むことができる。

 そして長谷部だ。守備バランスが整い、パスの受け手が前線に存在し、チームとしての狙いがはっきりしている今、チームのブレーンとして長谷部のタクトさばきが冴え渡っている。攻撃にスイッチを入れるためには、ゴール方向を向いてフリーでボールがもらえそうな味方選手に好タイミングでパスを送ることが必要になる。ダイレクトパスの使い方が本当に上手い。

 でも、あからさまに狙いを明らかにしない。そうした選手をいち早く見つけ出し、そこへパスを送る素振りを見せないまま、ボールを要求しながら、相手がちょっと動いた様子を視野の端に捉えると、トラップへ向かう動作から滑らかなワンタッチパスを送ってしまう。相手が寄ってこない、センターから動かないのを見ると、スッと細かいステップで前を向いてボールを運び出す。そのあたりのセンサーの感度がとても鋭い。長谷部からのパスが攻撃を彩り、ゲームがどんどんコントロールされていく。

 相手に囲まれそうになっても取られない位置にボールを置き、体をずらして、パスの出口を作り出す。後ろからアタックされている時には、体で上手くスクリーンをしてファウルを誘発する。巧みも巧み。

 加えて味方へ、無言のメッセージをパスに込めて送ったりする。

 レバークーゼン戦で、こんなシーンがあった。ハーフウェーライン付近で味方からのパスを受けた長谷部が、ふわっとした浮き球パスをダイレクトで右サイドへと送る。ただそこには誰もいないし、誰も走りこんでいない。ミスパスか――。直後に長谷部はパスを送った先を見た後、近くにいた味方選手に目配せを送っていた。

 味方の位置、相手の位置、味方の動き、相手の動き、そしてボールの流れ。あの局面であの状況であの位置に走りこんでくれていたら、そこからチャンスを作ることができたんだぞ――。

 今はなかなか直接取材ができないので確認することはできないが、長谷部の所作からはそんなメッセージが込められていたのではないだろうか。実際そのあとのシーンから、スペースに入り込もうとする味方選手の動きが増えたように思える。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング