長谷部誠は“不死鳥”か 今季初めてボランチで先発、チームの頭脳として冴え渡る戦術眼

ボランチとして今季初先発したフランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】
ボランチとして今季初先発したフランクフルトMF長谷部【写真:Getty Images】

【ドイツ発コラム】レバークーゼン戦でボランチとして今季初先発、冴え渡った攻撃のタクトさばき

 大袈裟でもなんでもなく、長谷部誠は不死鳥なのか。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 もうすぐ37歳になるというカレンダー上の数字が、まるで信憑性を持たない。年を取ると瞬間的なスピードが衰える、一瞬のキレが失われる、激しい動きの連続についていけないという世間一般の定説すべてを覆しているように感じる。

 ブンデスリーガ第14節レバークーゼン戦(2-1)では、今季初めてボランチとしてスタメン出場。前節バイエルン・ミュンヘンに敗れるまでリーグ無敗だった相手だけに、イエローカードの累積で出場停止となったセバスティアン・ローデの代役候補には守備的なシュテファン・イルザンカーが濃厚と予想されていた。だが、監督のアディ・ヒュッターは、それまでの2試合で確かな手応えをつかんでいたようだ。

 長谷部を起用し、その強みを最大限生かすためには、チームが確かに機能していることが非常に重要だ。センターにマルティン・ヒンターエッガー、その両脇にエヴァン・ヌディカとダビド・アブラハムで形成される3バックはそれぞれスピードがあり、1対1に強く、空中戦で主導権を握ることができる。ただビルドアップ能力はとなると、長谷部がいる時と比べてどうしても落ちてしまう。

 ではアンカーで長谷部を起用すれば、それで問題が解決かというと、そういうわけにもいかない。長谷部の周りで衛星的に走り回りながら、攻守にスペースを埋め続ける動きができる選手が必要不可欠。ヒュッターはこの役割を、ジブリル・ソウに託した。そしてソウは途切れることのない動きの連続で、1試合を通して攻守をつなぎ合わせていく。

 加えて前線からの守備が、しっかりと機能していることが大きな意味を持つ。直近2試合で1トップのアンドレ・シルバ+2トップ下システムは、チームに新しい力をもたらした。レバークーゼン戦ではシルバが後ろからのボールを懐に収め、そのそばでは卓越したキープ力と細かいステップでのドリブル能力が高いアミン・ユネスとパスを引き出し、攻撃にアクセントと変化を加える鎌田大地が常に流動的にサポートしていく。今季新加入の元ドイツ代表FWユネスはようやくコンディションも上がり、鎌田やシルバと息の合ったプレーを見せている。

page1 page2 page3

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「キック精度が異次元」 長谷部誠の“代役GK”に再脚光、守護神で奮闘「万能すぎる」と称賛

  10. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  7. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  8. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  9. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」