中村憲剛、哀愁漂う現役ラストの“14番ユニフォーム”にファン感動 「この投稿はズルい」

18年間の現役ラストゲームを迎えた川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】
18年間の現役ラストゲームを迎えた川崎フロンターレMF中村憲剛【写真:Getty Images】

現役ラストゲームとなった天皇杯決勝は出番なしもタイトル獲得で有終の美

 川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛は、1月1日にガンバ大阪と対戦した天皇杯決勝戦(1-0)が18年間の現役生活でラストゲームになった。出番こそなかったが、悲願の天皇杯初優勝で有終の美を飾り、恒例となってきた試合後のツイートが感動を呼んでいる。

 中央大から2003年に川崎へ加入した中村は、一度も移籍することなく18年間を川崎で過ごした。その間には数々のリーグ2位や準優勝で終わる悔しさを味わったが、17年のリーグ優勝からの2連覇、19年にはルヴァンカップを獲得。今季は3回目のリーグ優勝と初の天皇杯タイトルを手にした。19年11月には左膝の前十字靭帯損傷の大きな負傷もあったが、今季に復帰も遂げて現役生活を締めくくった。

 現役ラストゲームは勝利を最優先して出番はなかったが、中村は試合後に「感無量です。嬉しすぎます。おそらく今、世界で一番幸せなサッカー選手なんじゃないかと思います」と、優勝の喜びを語っていた。

 試合後には自身のツイッターを更新。もう今後着ることはない川崎の「14番」のユニフォームがロッカールームにかけられた、哀愁漂う一枚をアップした。

「ありがとうございました」

 キャリア2年目の2004年から17年間背負い続けた「14番」のユニフォームに対し、ファンからは「なんと切ない写真…」「憲剛この投稿はズルいよ 泣いちゃうって」「涙が枯れ果てた」「試合後ツイート、これが最後かと思うと悲しい」と感動を呼んでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド