森保監督、U-23日本代表“エース候補”FW上田綺世を高評価 「チーム内の信頼度が上がった」

森保監督が言及した鹿島アントラーズのFW上田綺世【写真:小林 靖】
森保監督が言及した鹿島アントラーズのFW上田綺世【写真:小林 靖】

約1年ぶりの合宿…21日から26日に千葉県内で実施

 日本サッカー協会(JFA)は17日、U-23日本代表候補の国内合宿メンバーを発表した。1月にタイで開催されたU-23アジア選手権以来、約1年ぶりの活動。トレーニングキャンプは千葉県内で21日から26日まで行われる。2017年12月の立ち上げ以降、初招集は8人。川崎フロンターレのMF三笘薫やMF旗手怜央ら天皇杯組は選外となった。そのなかで、森保監督はA代表経験もある鹿島アントラーズのFW上田綺世の“成長”に目を細めた。

 今季、大卒2年目で25試合10得点という成績を残している上田。これまで東京五輪世代の点取り屋として期待され、昨年6月にはコパ・アメリカ(南米選手権)でA代表デビューも果たした。今年1月のU-23アジア選手権にも出場したが、結果は悔しい3戦未勝利で1次リーグ敗退となった。それでも、リーグ戦でコツコツと結果を残し、今季は二桁得点を達成。森保監督もチーム内での“存在感”を評価した。

「まずはゴールという結果を持って、最終的に彼にボールを繋げれば得点を決めてくれるというところ。彼が出した結果によって、チーム内の信頼度が上がった。結果を持って信頼が集まっているというのは言えることなのかな」

 同じ鹿島からは18年にユースからトップ昇格を果たしたGK沖悠哉が初招集。過去2年は出場機会がなかったものの、今季は守護神の座を奪い取りここまで23試合に出場している。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で好プレーを見せたGK波多野豪(FC東京)や、経験豊富なGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)とともに、激しい競争が期待される。指揮官も急成長ぶりを称えた。

「鹿島というトップの力を持っているチームでレギュラーを取って試合に出続けているということは評価に値する。チーム内で2人の経験ある選手がスタンバイしているなかで試合に出続けるメンタリティーはタフなものがある。プレーでも彼を見てきた印象ですが、足もとに自信を持っていて、ボールがない時にでも次どこにフィードするということを考えている。自信を持って中距離のパスを配給できるのは我々の戦い方にマッチしている」

 今合宿には日本代表FW浅野拓磨(パルチザン)の弟、FW浅野雄也(広島)ら8人が初招集。10月、11月には東京五輪世代の欧州組からA代表に7人が選出された。本大会まで熾烈なポジション争いが繰り広げられそうだ。

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング