「勝手にストーリーを作っている」 ジェラード監督、チェルシー新星の“獲得報道”否定

チェルシーMFビリー・ギルモア(写真左)【写真:AP】
チェルシーMFビリー・ギルモア(写真左)【写真:AP】

チェルシーの若手MFビリー・ギルモアの期限付き移籍の噂に言及

 スコットランド1部レンジャーズを率いるスティーブン・ジェラード監督と、チェルシーを率いるフランク・ランパード監督は、現役時代は同じ時期にイングランド代表の中盤を支えていた。監督になった両者の間で、若きMFの期限付き移籍移籍が実現するという報道があったが、ジェラード監督は噂を否定している。英メディア「メトロ」が報じた。

 移籍の可能性が報じられたのは、チェルシーの19歳MFビリー・ギルモアだ。レンジャーズの下部組織からチェルシーに移籍したギルモアは昨季、トップチームでプレミアリーグ6試合に出場し、才能の片鱗を見せた。

 将来が期待されているギルモアだが、選手層の厚いチェルシーでは十分なプレー時間が与えられていない。より経験を積むため、そして来年の欧州選手権(EURO)でのスコットランド代表選出を目指すため、ジェラード監督の率いるレンジャーズに移籍するのではないかと報じられていた。

「メトロ」によると、ジェラード監督はこの件について「私たちからは、何もない。彼は小柄だが素晴らしい選手だ。しかし、クラブ間でも、監督間でも、コンタクトは一切ない。おそらく、人々が共通項を見出して、勝手にストーリーを作っているだけだと思う」とコメント。噂をきっぱりと否定した。

 ランパード監督就任1年目の昨シーズンは多くの若手が台頭したチェルシーだが、今シーズンは大型補強もあり、若手の活躍する場は限られている。果たして、負傷から復帰したギルモアは、そのなかでも出場時間を得て、チェルシーでも居場所を作ることができるだろうか。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング